しちべぇのこだわり

 

水のいい、奥羽山脈のふもとの農家が栽培した大豆を原料に、

自ら豆腐の製造を隣接する工場でしています。

大豆本来の味を生かし「昔食べていたような味」と、好評です。

その豆腐「ふわっ豆」を使って、

当店ではさまざまな健康的な食提案をしています。

 

産地の稲庭の里は雪深く、厳しい寒さと天然の清水が湧きます。

これが手作り麺に最適な条件となっています。

製造元の老舗三嶋屋は創業文政6年(1824)を誇り、

なめらかな舌ざわりと特有のコシのある歯ごたえが特徴です。

その伝統ある、稲庭うどんの製造過程で、当店推薦の

「ふわっ豆」の原料である青豆を混合し、

仕上げたのがこの麺です。すきりとした味わいです。

比内鶏は藩政時代の

比内地方(秋田県北地方)に飼われていた鶏で、

美味しいことから年貢として納められていたほどだったそうです。

昭和48年、秋田県畜産試験場が比内鶏を雄方に、

ロードアイランドを雌方にして改良に着手しました。

比内地鶏として蘇り、現在では、その味のよさが

日本三大食鶏として高い評価を得ています。

一般の鶏肉とは違い、歯ごたえがあり、

肉そのものにコクがあります。

 

 

 

 

10名様以上は電話0187-54-3295よりご予約ください。

お問合せ 旅色の秋田(角館)グルメ&観光特集に紹介されました